引越のマナー

引越しの手引き

引越しの時には挨拶をすることが大切

新しい生活をするために引越しをした場所で問題なく住民の人と生活できるかどうかは、最初の挨拶をどうするかにかかっているといってもいいくらい挨拶は非常に大切なものです。
もし、挨拶をしなかったり、上手く挨拶ができなかったりするとよくない印象を住民の人達に与えてしまうので、しっかりとご近所の人達に挨拶するべきです。
挨拶の時の印象がよくないせいで、ご近所の人達といい関係が築けなくなることは非常にもったいないことなので、面倒くさいと思っても必ず挨拶をするといいです。
やはり引越しをする時には、いろいろすることが多くて疲れてしまうものですが、少しの手間でその後の生活がしやすくなるので挨拶を必ず嫌がらずにきちんと周りの家にすることが重要です。
引越しの挨拶をする時には、どこまでの範囲にしたらいいのか分からないケースがありがちですが、あまりにも遠い範囲の人にまで挨拶に行くことは逆に不審がられるので、自分の住むところからなるべく近い範囲にすることがベストです。
まず最初に挨拶をしなくてはならないのは、これから生活をする時にトラブルや分からないことがあった時などに一番お世話になることが多い大家さんや管理人さんです。

最初と最後が肝心!引越しで気をつけるべき基本のマナー

最近では、隣に住んでいる人の顔も見たことがないという人も増えているようですが、まだまだ、ご近所づきあいというものが残っている地域も多くあります。
立つ鳥跡を濁さずということわざもあるように、立ち去る町に心残りがないように、また、新たに始まる生活をスムーズにスタートさせるためにも、住み始める町での近隣の方へのマナーはしっかりと抑えておくとよいでしょう。
最低限おさえておくべき、近隣の方への引越しマナーは、挨拶です。
今までお世話になった人たちや、これからお世話になる人たちへ、ちょっとした品物を持参して、それぞれ挨拶に行っておく必要があります。
立ち去る町で挨拶に行くべき人は、親しくお付き合いをしていた人、また、引越し作業で迷惑をかけるかもしれない近隣の人などです。
引越し先では、向こう三軒両隣という言葉があるとおり、新居の向かいにあるお宅とその両隣の3軒、新居の左右両隣の2軒は、親しくお付き合いをする可能性のあるお宅と思って、あいさつ回りをしておいたほうがよいでしょう。
そのほかにも、地域ごとの自治会などがあれば、そこの代表の方に挨拶に伺っておいたほうがよいでしょう。
マンションやアパートの場合には、両隣のお部屋の方はもちろんのこと、上下階のお宅にも挨拶に回っておくとよいでしょう。

recommend

高い技術力と安全性にこだわったまつげエクステです

まつげエクステ

キレイな歯並びで素敵な笑顔を。

矯正 東大阪

独自のコーチングアプローチを研修、教育しています。

リーダーのコーチング研修

完全個室のプライベートを配慮した歯科医院です。

自由が丘の歯科

独自のアンダーピニング工法で、家の傾きを直します

家の傾き

Last update:2017/10/3


COPYRIGHT(C) 引越しの手引き ALL RIGHT RESERVED