引越の準備

引越しの手引き

引越し準備に必要な事とは

引越しを考えた時にはまずはいつどの地域に住み替えをしたいかなどおおまかな事からスタートします。
次に不動産会社をまわるのですが、自分が払える家賃や間取り、初期費用など細かい希望を担当者と話す事が出来ます。
いくつか気になる物件があれば不動産会社の営業が車で連れていってくれるので安心です。
引越し先が決まったら今度は荷物を運んでくれる業者探しです。
不動産会社からの紹介もありますがインターネットなどで引越し見積もりも出来ます。
実際には現在の住まいに来てもらい、そこで家財などを見てもらってから見積もりを出してもらうのが確実です。
会社によっては見積もりをするだけで粗品がもらえるところもあります。
荷造りの期間も必要なので業者を決定するのは2週間から3週間前が理想です。
段ボールを届けてもらう日にちや粗大ごみの処理、郵便物の転居届けなどの準備も必要です。
長く住んだ地域であれば交流があったご近所さんにお礼を言うのも大切です。

引越しの準備は上手に済ませましょう

引越しの準備を済ませるなら、しっかりとものをまとめておいた方が良いでしょう。
確かにプロの業者に依頼をしたと言うのであればすべてやってくれるのですが、全体的に作業をスムーズに終わらせたいと考えているのであれば、自分たちでもある程度荷造りをしておいた方が良いです。
そうすることによって、業者もスムーズに作業を進めることができるようになり、スピーディーな引越しができるようになるでしょう。
いろいろなものを段ボールに入れるのが基本ですが、段ボールに入れると中身が見えなくなってしまいます。
なので、段ボールにはマジックペンなどで中身に関しての記載をしておいた方が良いでしょう。
大型家具に関しては、プロの業者が梱包材を持っているので任せてしまった方が無難です。
とにかく細かいものをまとめておく位の準備はしておいた方が、業者としても助かるでしょう。
引越しはみんなで協力して行うものなので、面倒だと思わずに、できる限りの準備はしておきたいところです。

Favorite

Last update:2017/4/7


COPYRIGHT(C) 引越しの手引き ALL RIGHT RESERVED